So-net無料ブログ作成
検索選択

戸籍の話 [つぶやき]



 昨年度は身近な親族が亡くなった年であった。


 幽冥境を異にする――この世とあの世に別れること――という言葉があるが、今年になってからも、知人の父君の逝去の連絡を受け、通夜に参列した。


 帰りに元の産婦人科病院が老人介護施設になっているのを見た。これまで何百回となく見ていたはずなのに、通夜の帰りだったせいか、戸籍の事に想いが飛んだ。


 おじさんは、これまで優に千を超える戸籍を見てきた。今では、ほとんど客観的に系図として見ることができるが、昔は夭逝した子の記載があると、その時の両親の心痛に思いを致し、こちらもやるせなくなったものだ。


 数々の戸籍に目を通すうちに、ある折り、夭逝する子はだいたい生後、1ヶ月以内に亡くなっていることに気付いた。おそらく何らかのかの肉体的な欠陥があり、生まれては来たものの、長く生きることは叶わなかったと思われる。


 太平洋戦争前後に出産適齢期?であった人は、5人も6人も生んで、1人か2人亡くなっているケースが多い。


 今は、ほとんどが無事に生まれ、生まれた子はまず育たないという事はない。


 衣食住の環境や医学の発展がその最たる理由だが、もしかしたら劣性遺伝の子は事前に判明し、流産するか、処置をしているのかも知れない。


 大雑把な印象に過ぎないけれども、今は健常な子が多すぎるような気がする。確率的には1割から2割、受精しても生まれない子供、生まれても育たない子供がいると思われる。


 なぜ、こんな事を言うのかというと、今、産婦人科を志す医者の卵が激減しているというからである。


 無事に生まれてあたりまえ、死産になると訴えられ、母子の健康な退院があたりまえ、もしどちらかに何かの傷や障害が残ると訴えられる、というのでは、そんな割の合わない方面を志す人が減少するのは自然な成り行きである。


 これは訴訟国家アメリカの影響が大きい。PL法というらしいが、乳母車に子供を乗せたまま折りたたむと危険と書かなければ、製造した企業が賠償責任を負うことになるようだ。


 こんな事を言わなければならない歪んだ社会が健全であるはずがない。まだ包丁にこれで人を刺すと大けがをするか、死に至る場合があります、や、刃物の方を握ると手を切るおそれがあります、と書かれたものを見たことがない。使い捨てライターがやけに点けづらくなったことを思うと、時間の問題のようにも思えるが、杞憂であって欲しい。


 さて、他の生物と同様に、人も成人になる確率が高いとは言え、100%ではないと言うことを弁えれば、やみくもな訴訟は控えるであろう。


 親の劣性遺伝子を多く受けてしまった受精卵は、生まれる前に流産するというけれども、胎児の状態で心臓手術をしたり、病気の治療なども行われている事を思うと、これからはそんな被告になる危険を冒す医者はいなくなるのではないか。


 それよりも、思春期に引きこもったり、借金苦や何かで自殺する人を何とかする方に目を向けるべきだ。


 地方議会の共産党や公明党の議員が生活保護などで、よく口をお利きになっているようだが、これも最小限に止めてもらいたい。


 生物の大原則は自分の力で立つことである。


 少子化の現在、3人4人と子供を連れている家族を見かけると、「ごくろうさま」、「ありがとう」と言いたくなる。


 様々に便宜を図り、たくさん子供をつくってよかったと思わせるような社会にしていかなければならない。


 それにはまず景気である。安倍首相の景気対策に批判的な勢力がある。内心、失敗を願っているいるのが実情ではないか。


 しかし、これ以上のデフレ脱却の方途が君たちにあるのか、と問いたい。


 例のごとく、とりとめのない話になった……。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。