So-net無料ブログ作成
検索選択

本の話3 [読書]

 久しぶりに読書の話をしよう。

 前に書いてからも読破した数は少しずつ増えている。

 今は二日前に買った佐藤 優氏の『人たらしの流儀』をほぼ読了している。

【送料無料選択可!】人たらしの流儀...

【送料無料選択可!】人たらしの流儀...
価格:1,155円(税込、送料別)




 著者は説明するまでも無いと思うが、もと外務省で情報活動をしていた人物である。近頃、小説を書いたという話しも聞いたけれど、まだそれは読んでいない。

 内容を一言で要約するなら人脈構築術とでも言えようか。

 インタビューの形態をとっているので、非常に読みやすく、示唆に富んでいる。

 おじさんが面白かったのは、わざわざ1章を立て、本筋の人脈構築術から逸れて、婚活―ここで問題となっているのは女性―という行為は、『資本論』でいうところの価値の交換時に初めて値が付くという資本主義そのものであるとの氏の分析である。

 砕いて言うと、女性が婚活をするのは、自分の価値を確認する行為だと言うわけだね。だから、自分自身の絶対的価値基準を作れと説く。

 うーん、そうかも知れないが、おじさんの感覚ではちょっと違うような気がする。切実な事情がある人が、交換価値が無い、あるいは低いということを確認する行為とは思えないからだ。

 だが、そんな人なら婚活はしないのかな? どんな人でもある種の人にとっては交換価値があるから、婚活する。つまりは自分の価値を知っていて、そのある種の人の目にとまる事を期待して活動するのだから、結局は価値の確認になるのか。

 氏がいかなる思想信条の持ち主かおじさんは知らない。数冊しか読んだことがないから。

 だから、おじさんは、これを読むべきだと推薦するつもりはない。むしろおじさんにとっては珍しい部類の書籍に属する。若くて今後有能な人物と見なされたという人は読むといいよ。

 実践的でためになる本というのは、おじさんの読書遍歴の中では少ないね。だから、いつまで経っても、交換価値の低い人間のままなんだけどね。(^^; ....
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。